水道の修理で給湯器 交換が必要になったら

給湯器の修理を水道業者に依頼した場合であっても、使用していた給湯器の使用状況によっては、給湯器そのものを交換する必要が出てくることがあります。このような場合は、なぜ修理ではなく、交換が適しているのか疑問に思うこともあるでしょう。納得できる理由を説明してくれ、実際に交換を行うか依頼者に判断を委ねてくれる水道業者は信頼できます。

■給湯器の構造と寿命

給湯器は日常的に使っている機器で、水をガスや電気で熱しているのですから長年使っているとトラブルにつながります。給湯器にも寿命があるので、それに近づけばトラブルが多くなります。お湯が出にくいとか、温度が上がりにくいとか、少しずつ水が漏れるといった症状が出たら赤信号です。給湯器がおかしいと思った時には、すぐによく調べる必要があります。
長年使っていると熱で熱せられた部分などの金属が腐食していき故障の原因になることもあります。また温度を制御する電子機器にも寿命があります。使い方にもよりますが大体寿命は7年から13年ぐらいです。10年近く使っていて調子が悪くなり、故障が起きだしたら交換をする必要があるかもしれません。業者も修理をするよりも交換した方がかえって経済的だと勧めることもあります。

給湯器 交換をするには

給湯器の交換はその種類によって業者によって価格がかなり違います。どういう機器を選ぶか業者はどこにするかの検討が必要です。給湯機の交換にかかる費用は機器の価格と取り付けなどの費用です。機器の価格はメーカーのカタログで定価を調べることができます。これは機種によりかなり差があります。瞬間式のガス湯沸かし器などはかなり低価格で購入することができます。貯湯式のものやお風呂や洗面など複数の場所に給湯するものに比べれば1/10 以上の差が出ることもあります。貯湯式のものもお湯の容量でかなり差があります。家族の人数などをもとに、何リットルお湯が必要なのか調べる必要があります。機能にしてもお風呂の追い焚きや足し湯の機能を付けるのか否かとか、暖房機能はどうするのかといった検討が必要です。また効率よくお湯を沸かして省エネ性の高いものもあります。この場合機器はかなり高いので、電気料金やガス料金が安くなる分と機器の初期の価格の兼ね合いを検討する必要があります。

■まとめ
給湯器には寿命があります。寿命に近くなって故障が起きだしたら交換が必要になります。交換の時にはいろいろある機種から予算に合わせて選定していく必要があります。また取り付け費用なども業者によって変わるので複数の業者へ見積もり依頼し、比較することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ